充実した毎日を過ごしている人ほど、朝活をしている?

ID-100234935朝活って、やると何かいいことあるの? 朝は弱いから、私には向いてないよ…

なーんて、そんな諦めの早いこと言っちゃダメですよ!

 

実は、毎日を充実させている人ほど、朝活をしている人が多いのだとしたら、ちょっと興味でてきませんか?

朝活することって、大事なのかな? そんな風に感じている人もいらっしゃると思いますから、ここで幾つかの例を挙げてみます。

 

朝きちんと起きるか、遅くに起きるかで、1日のやる気が全く違う!

例えば、先に挙げたように、平日には早く起きて通勤するだけで、満員電車に乗り合わせるのを回避することができます。

そうなれば、ゆとりも、疲労度も、そして1日の気分が全く違ってきますよね? 早起きなら朝ごはんもゆとりを時間をかけて食べられますし、逆に忙しなくしてると朝食を抜いてしまったり、移動しながら詰め込んでみたりで感動もないわけです。

それに遅く起きた朝って、だいたい何となくやる気も出てこなくないですか? 休みの日に眠るのも悪くはないですが、何となく時間を損した気分になったり、しますよね? 部屋のそうじをしようと思ってたけど、起きられませんでし

たー、って、まあいっかなんて言ってずっと先延ばしにしたり。達成感など皆無ですよね。

 

1日の活動時間を増やすことで、できることが増えてモチベーションアップになる!

朝、ゆとりを持って起きることができたなら、スケジュール帳を見開いて1日のやるべきことや、やりたいことを整理する時間をつくることだってできます。

毎日が切羽詰まってるような状態じゃあ、ゆとりのかけらもなくて疲れ切っちゃいますよね。そんで疲れをとるために「せっかくの休みなんだからさぁ~」と惰眠をむさぼる…そんなこと、ありませんか?

早く起きることができれば、活動時間が増えますから、1日の生産量がその分増える。やれることや選択肢が増えることは、モチベーションアップになりますよね?

 

1日だけでは大きな変化はない。だが、継続して習慣にしていったなら…?

ここでちょっと考えてみて下さい。あなたは明日から毎日1時間早く起きるとします。

多くの人がまだ活動していない1時間を、自分のために有効活用できたなら… たかが1時間と思うなかれ。それを1週間続けたら7時間1か月継続できたら30時間3か月継続したのなら何と90時間も、あなたが自分のやりたいことや、生産性を高める活動に充てたとしたならば…!?

もしも、今までが何とな~くで過ごしてやってきた人生だったとして、それが毎日の1時間のキッカケから、自身の理想に向けて1mmでも軌道修正できるなら? それを1年、5年、10年と続けていったら…!?

 

そう考えると、ワクワクしてきませんか?

 

今まで体験しなかったことを知るキッカケ、新しい習慣を生むキッカケを朝活で!

いかがでしょうか? もし、今のあなたが、特にやりたいことや理想とするものがない…それでもいいんです。

むしろ、そうしたキッカケを、この朝活でつかんでもらうことができたのなら、主催者としてこれほど嬉しいことはありません。

人生に正解なんてありませんから、答えを探そうとしなくてもいいんじゃないかと思います。ですが、過去を振り返ってみたときに何かやりきれなさが残ったり、後悔していることがあるのだとしたら、それらを変えることはできませんが、その経験を糧にして未来を変える力にすることはできると思うのです。

こうしたことを、私自身、朝活を通して経験させてもらいました。ですから、そうした経験を少しでも、皆さんとシェアして、これからの毎日にちょっと刺激と変化を加えることができたらなと思います。

一緒に楽しみましょう!link