今すぐ使える!相手の心を動かす、伝え方の技術とは?

imagebase23_23

人に伝えたいことがうまく伝えられなくて、困った(または困っている)ことはありませんか?

 

人は1日に平均22回、誰かに頼みごとをしているそうです。頼みごとに対する相手の答えが「イエス」の場合もあれば「ノー」の場合もある。その差を分けるのは、9割が「伝え方」である…

 

これは、人気コピーライター・佐々木圭一さんのベストセラー「伝え方が9割」にて指摘されている事柄です。佐々木さんによると、この「伝え方」には技術があり、それを学ぶことで誰でもしっかりと人に伝え、毎日のコミュニケーションに活かせるとのこと。
今回はその技術を紹介したいと思いますが、どれもすぐに実践できます。今すぐ使える伝え方の技術を学んで、コミュニケーション力UPを目指しましょう!

 

伝え方のポイントは3つ

はじめに言っておくと、このテクニックを使ったからといって100%頼みごとを受けてもらえるというわけではありません(当たり前ですが)。しかし、以下の3つのステップを踏めば、その確率を上げることはできるということです。

  1. 自分の頭の中をそのまま言葉にしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる

この3ステップを見て、お分かりかもしれませんが、重要なポイントは「相手のことを考える」ということです。相手がどんなことを考えているのか、どうすれば喜んでもらえるか、どうすれば悩みを解決してあげられるだろうか。
相手のことを考え、相手のメリットになることを伝える。そのために、「2.相手の頭の中を想像する」のですが、それには7つの切り口があり、ぜひ日常の場面で実践して技術を磨きましょう。

 

シーン別、相手の頭の中を想像して心を動かす技術!

  1. 頼みごとを相手の好きなこと(メリット)に置き換える
    例えば、デートに誘いたい人がいて、その人が映画好き、イケメン好きだとしたら、
    「トムクルーズ主演の最新映画を観に行かない?」

    (デートに誘うのにイケメン出演の映画ってのもなんですが(笑)、まあ一例ということで)

     

  2. 嫌なこと(デメリット)を伝える
    ただ単にNGを言うのではなく、具体的なデメリットを伝えることで、より相手に明確にイメージさせることができます。
    「芝生に入らないで」⇒「芝生に入ると、農薬のニオイがつきますよ」

     

  3. 2つの選択肢を提示する
    多くの人は「決断」するのが苦手だけど、「比較」するのは得意です。
    「AとB、どっちがいい?」と言うほうが、相手は決めやすいです。これも、比較してもらうことでイメージをかきたてることができますね。

     

  4. 認められたい欲求を刺激する
    人には認められたいという欲求が元来備わっていて、それを満たすためなら多少手のかかることでもやりたくなるもの。
    また、人から期待されると、それに応えたくなるものです。
    「残業お願いできる?」⇒「キミの企画書が刺さるんだよ。お願いできない?」

     

  5. 相手に特別だと伝える
    人は「あなたにだけ」「あなただから」といった「限定」に弱いです。
    「今度のイベント、確かに急だけどキミだけはぜひ来てもらいたいんだ」

     

  6. チームワーク化する
    人は、誰かと一緒になって何かをすることが好きなので、一緒にやろうと誘ってみる。
    「飲み会の幹事やってよ」⇒「一緒に飲み会の幹事やらない?」

     

  7. 「感謝」を一緒に伝える
    人から「ありがとう」と言われると、やっぱり嬉しいですし悪い気はしないですよね。
    「この机、移動して」⇒「この机、移動して。ありがとね!」
    このように伝えると、受け手はなかなかノーとは言いにくいものです。

     

いかがでしょうか?少し一例を挙げてみましたが、少しでも参考になれば幸いです。

ぜひ皆さんの身の回りに起きる事柄に置き換えて、実践してみて下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!