早起きするだけで、人生が10倍前向きになっちゃう?

ID-100131025世の中で成功している人は、みんな早起きだった…

 

あなたは、毎朝何時に起きていますか? 早起きして勉強をしていますか? それとも会社に行くギリギリまで布団にへばりついていますか? 

朝は気持ちよく迎えたいですよね?それならば、今まで惰眠を貪っていたあなたも、劇的に変わる、人生が10倍上向きになっちゃう?早起きの秘訣、お話しします。

それと同時に、遅寝のデメリットもお伝えします。

デキるビジネスパーソンの、デキる習慣として、ぜひモノにしちゃってください。

 

早起きするだけで突出できる!その方法は…?

「早起きは三文の得」ということわざがありますが、三文なんてもんじゃない、哀川翔さんは「三億の得」とまで言うぐらいですから。

また、楽天の三木谷CEOも、自著「成功の法則92か条」の中で、

「毎朝1時間早起きして英語の勉強をした。会社から帰ってからでは恐らく続かなかった。」

と語っています。

なぜ、成功している人が早起きにこだわっているのか?それには理由があると思いませんか?

 

こんなに!早起きメリット一挙にご紹介!

たくさんあるので、ダーッと一挙に紹介!

  • 他の人よりも早くスタートできる
  • つまり、時間を多く使える
  • 朝は邪魔が入りにくい
  • ラッシュアワーを回避できる(この優越感といったらもう…)
  • 朝一番は、1日で最も生産性が高い
  • 夜更かしをしなくなる
  • 遅くまで酒の付き合いも控える
  • 結果、健康になる上、財布にも優しくなる
  • 一部の映画館で早朝割などもやってる!
  • 朝は夜と違って安い

どうでしょう? とにかくいいことずくめじゃありませんか?

ちなみに…朝早起きして取り掛かる30分の作業は、夜の残業2時間分に相当するらしいですよ…!

遅くまで残業して頑張ってるって時代じゃ、もはやないんだな~と感じます。

同じビジネスパーソンでも、朝ギリギリに出社して、遅くまで社畜のごとく働くのか、かたや朝は早く出社して有意義に活用し、定時に帰る…

あなたなら、とちらを支持しますか?

 

科学的にも、早起きのメリットは立証済み

睡眠を司るホルモンである、メラトニンが、暗い夜を迎えるにつれて分泌が促進され、眠くなるメカニズムとなっているのです。

これが、夜遅くまでパソコンやスマホ、テレビなどの液晶を観ていると、神経が刺激されっぱなしで、メラトニンの分泌が阻害され、眠りが浅くなってしまうのです。よって、早起きもできなければ快眠もできない。

また、朝になればドーパミンやアドレナリンの分泌が増えるので、最も脳が活性化する時間が朝なのです。そして精神安定ホルモンといわれる、セロトニンが、睡眠時間が短いと正しく分泌されなくなります。

人間の脳は、陽が昇るとともに活動的になり、夜が更けるとともにオフモードになる、ということです。ならば、それに逆らわずに時間を活用したほうが良くないですか?

 

そんなわけで、早起きは絶対したほうが良いというお話しでした!

そうそう!では、早起きするためにはどうすれば良いのか?

答えはカンタン、夜更かししないで早く寝ましょう。

物事はシンプルに考えましょ!