時間が足りない社会人必見!朝時間の有効活用方法とは?

ID-100296502毎日を充実させるためのヒントが、朝時間の有効活用にある?

 

毎日が忙しいと感じている人、とにかく時間がない、足りないと嘆いている人、少しでも充実感が欲しい、ゆとりが欲しい…! そんなあなたへ、ぜひとも実践してもらいたい、朝時間の有効活用のしかた。なぜ “朝時間” なのか、その具体的な活用方法とは何か、ご紹介します。

 

そもそも、朝時間とは一体何か?

ここでいう朝時間とは、一般的には起床してから出社して仕事を始めるまでの時間、としています。

多くの人が朝、行っていることとは何でしょう? 食事を摂る、新聞を読む、ウォーキングやジョギング、シャワーを浴びる等々…たくさんあります。あなたは、毎朝どんな時間の使い方をしていますか?

 

朝時間を有効活用している人は、一体何を工夫しているのか?

朝時間を有効に活用している人たちには、いくつかの共通点があります。

当然だが、早起き(遅くとも、6:30までには起床している)

有名企業のエグゼクティブ(経営幹部)の人たちは、早起きの人が多いです。なぜならば、朝は電話など外部からの折衝もなく、集中して自分のための時間に使えたり、家族との時間に使えます。また仕事をする人も。日々の2時間の残業が、朝にこなすと30分で終えられる、とも言われています。

睡眠時間はしっかりとっている(概ね6~7時間)

夜遅くまで仕事をする人も多くいますが、そうすると早起きは難しいですし、疲れやだるさが残ってしまうようになります。早起きをするには、やはり早寝が基本です。

朝食をしっかり摂る

忙しいビジネスパーソンの中には、朝食を抜いている人も多いです。しかし、朝食を抜いてしまうと1日の活動に必要なエネルギーが足りず、頭がボーっとしてしまいかねません。それに、ゆっくりと食事を摂ることで気持ちにゆとりが生まれます。

読書や勉強など、自分のためになる活動をする

起きたての頭はスッキリしていますから、読書には適しています。朝、出社前にカフェに寄って読書をしている人は多いですし、早く出社してスキルアップのための勉強も、後々大きなリターンとなり得ます。

新聞やニュースを読み、情報収集をする

読書や勉強と同じように、知識を得たり学ぶ手段として、新聞やニュースを読む時間に充てるのも有効活用の一つ。常に情報を収集することは、ビジネスパーソンにとっては必要不可欠だと思います。最近はSmartNewsなどのスマートフォン対応ニュースアプリが人気ですね。幅広いジャンルに目を通すも良し、特定の分野に絞って集めるも良し。あなたは、どうしますか?

朝活に参加して、自分磨きをする

朝活には、朝時間を有効活用する方法が凝縮されています。こちらで毎週開催している朝カフェ会では、主に習慣をテーマに参加者どうし会話を楽しんでいます。加えて、5人以内の少人数制としているので、初めての方でも打ち解けやすく、会社でしか交流がないという人や、上京したての人などに新しいつながりを生むキッカケにもなります。

普遍的なことを言いますが、朝時間を有効に活用しようと思ったら、早寝早起きを心がけることが何より大切です。つい夜遅くまでダラーっとテレビを観たり、インターネットをしていたり、そんな人は多いと思うんです。実際、それをやめて早寝早起きをしてみるだけでも、生活リズムが改善され、朝の気分が劇的に上向きになりますよ。

 

朝時間を有効活用している人と、そうでない人との違いとは?

朝は一日のスタート。その時間を有効活用できると、気持ちのゆとりが違います。朝が慌ただしいと、常に余裕がなく時間に追われている感覚から逃れられません。しかも、それが習慣化されていくことでどんどん差が開いていくことになります。

例えば、毎朝30分読書をするとします。約3時間かけて読み終えられるページ数なら、1週間で1冊、1カ月で4冊は読了できる計算になります。よく、忙しくて読書するヒマもないと言う人がいますが、確かに一度に全部読もうと思うと難しいかもしれませんが、だからといって何もしなかったら、毎朝30分の読書時間を作った人とは、少なくとも1カ月で4冊分の読書量の差が生まれる、ということになります。

要は、考え方の違いだと思うんです。それも、習慣となるとその差が開く、ということだと思います。

 

今までできていない人が、有効活用するには、どうしたら良いか?

本当は、誰だって時間を有効活用したい、もっと生活を良くしたい、毎日を充実させたいと思うはず。ではどうしたら良いか? いつもより30分早く起きるようにするとか、朝バタつかないように翌日の出かける準備を前夜のうちに済ましておくとか、自分の身の回りにある小さなことを、小さな努力と工夫でできることは無数にあると思うんです。

そんな中でも特に効果的なのが、朝活に参加することです。そのメリットは多くあるのですが、特に有効だと言えるのが、

 

人との交流を通して、刺激を受け、意識を変化させることができる

ということです。往々にして人間とは自分に甘いのであって、決めたことを続けられないものだと思うんです。それが、意識の高い人の集まりに行くことによって、コミュニケーション能力が身につけられたり、意外と分からなかった自分らしさに気づくこともあるかもしれません。それでいて、朝活は大幅なコストも必要なく、参加の強制力もありませんから、無理なく継続的に参加できることも、特徴でありメリットの一つです。

以上が時間を有効活用するための活用方法のご紹介です。そんなに難しく考える必要はありません。大事なのはまず1歩を踏み出してみること。今からでも時間の有効活用をして充実させるキッカケにしちゃいましょう!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!