気持ちが萎えたときに、切り換えるための2つのポイント

c78773_f071508b959049369a77a40e0cbe4d61

 

現代社会では、日々ストレスにさらされることが多いかと思います。

 

毎日を過ごしていて、よくないこと、思い通りにいかないと、

気持ちが萎えたり、すさんだりします。

 

何事もうまくいっていれば、ストレスも一切感じないのかもしれませんが、

そんなことは非現実的です。

 

うまくいっているときは別にいいですが、問題なのはそうでないとき、

いかにしてうまくいくように軌道修正をかけていくか、

マイナスをプラスに変えていけるか、だと思います。

 

しかし、疲労が蓄積されてくると、どうしても余裕が失われていき、

不覚にも自分のマイナスを外に振り撒いてしまう…

そんな経験もあるのではないでしょうか?

 

今回は、そんなときに気持ちの切り換えをするためのポイントを2つ挙げました。

どうも最近うまくいってなくて気持ちが萎える、

という方は、ぜひチェックしてみて下さい。

 

思うがままに、紙に書き出してみる

 

今自分が、思い悩むこと、

どんなことに苦労しているのか、どんなことが嫌なのか、

まずはあるがまま、ペンを走らせてみることをおススメします。

 
 

もしかしたら、何がわからないのかが、わからない、

というようなこともあるかもしれません。

 
 

実は、そんな頭の中がずっとモヤモヤしていると、それ自体がストレスとなって、

さらに気持ちがすさんでいったりします。

 

まずは、”頭の中の棚卸し”をして、気持ちを整理してみましょう。

 

大事なのは、気持ちが萎えた、という問題点を、

ハッキリと視覚化することです。

 

するとモヤがかかっていた頭の中が、次第にスッキリしていきます。

 

ここまでくれば、やる当初より50%くらいは切り換えに成功しているでしょう。

 

自分の好きなことに時間をつかう

何事もバランスが大事、とよく言われています。

仕事ばかりしていると、疲労やストレスが溜まり、息苦しくなります。

またそうしたイライラを八つ当たりしてしまったらもっと大変。

周りの人を悪い意味で巻き込んでしまうので、収拾がつかなくなってしまいます。

最悪、人間関係に軋轢を生むことも・・・

気持ちをすぅっとリフレッシュさせるには、

自分が好きなことに没頭するのがやはり有効でしょう。

 

映画が好きなら映画館にあしを運ぶ。

 

食べることが好きなら、贅沢に大好きなものを食べちゃう。

 

旅行が好きなら、思いつくままに旅してみる。等々・・・

好きなことをしている自分は、きっとありのままの自分だと思います。

 

自分が心から楽しめる、そうした感覚を取り戻すことができれば、

きっと心の栄養はタップリとれるでしょう。

ただし! 遊びばかりに傾倒するとかえって逆効果。

 

それが現実逃避の手段と化してしまうと、それすらも段々と憂鬱になってしまうでしょう。

 

あるいは、遊びすぎると、それが退屈になったり、苦痛になったりするかもしれません。

何事も、バランス、ですね。